本当は怖いリボ払い

株式会社AWARDです。

クレジットカードで買い物をすると、『お支払方法はいかがなさいますか?』と聞かれることがありますよね。多くの方は一括払いを選択なさると思いますが、他の払い方として分割払いやリボ払いなどが存在しています。その中でも特に今回はリボ払いについて取り上げたいと思います。

リボ払いって何?


リボ払いとは、クレジットカードの支払方式の1つで、支払残高に応じて毎月の支払額(元本返済と手数料額の合計)があらかじめ決められています。リボ払いにもいろいろな種類があるので、申込の段階から支払要件などについては正しく理解しておくべきでしょう。クレジットカード会社からは毎月の支払いが一定の額に抑えられるので支払いの計画が立てやすいというメリットが打ち出されることが多いです。

リボ払いの中身は、、、


毎月一定の金額の支払いで良いことから便利だと思いがちなリボ払い。しかし、その中身を知ると驚かされます。例えば100万円の買い物をして、年利18%で月々3万円のリボ払いを利用したとしましょう。すると、元金の返済分を除いた単純計算ですと、100万円に対して年利18%ですから、1年間の利息分は18万円。月々3万円の返済ですので支払額は年間36万円。

つまり初年度に支払う36万円のうち、およそ半分にあたる約18万円が利息として支払われています。このケースですと、返済をしていると思っている金額の約半分しか、元本に対して充当されていない状態ということになります。

クレジットカード会社の収益源


リボ払いをしている状態は、借金を負っている状態であると考えると良いでしょう。気軽に使っていると買い物した額よりもはるかに大きな金額をクレジットカード会社に支払うことになります。このリボ払いはとても簡単にできてしまう借金なので、クレジットカード会社のメインの収益源であると言われています。そのため、ポイントや特別な優待を餌にしたリボ払い専用コースへの変更案内などがクレジットカード会社から届くこともあります。それらはリボ払いで支払う利息よりもはるかに小さい還元率でしかない場合がほとんどですので、甘い誘惑にのらないようにしたいものです。

月々小さい支払い金額で大きな買い物ができるリボ払い。決してすべてのケースで否定するわけではありませんが、むやみに使うのは避けるのが無難です。金融業界の仕組みを知って無駄な利息や手数料はできるだけ支払わないようにしましょう。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います