マイホームの予算

株式会社AWARDです。

マイホームといえば人生の中で最も大きな買い物になる方も多いかもしれません。多様化する世の中で必ずしもマイホームを買うのが正しいとは言えない時代になってきてはいますが、それでも子育てや将来のことを考えた上で購入したい方は多くいらっしゃいます。本日はそんなマイホームについての情報を紹介していきたいと思います。

予算はいくらぐらい?


まず予算はどのように決めれば良いでしょうか?ここで考えて頂きたいのは、買える額と返せる額です。買える額としては、

借入金+自己資金

の最大値がそれにあたるでしょう。借入金は住宅ローンとして、銀行や住宅金融支援機構から融資してもらう部分になります。これに対して自己資金というのは、住宅購入時の頭金にあてる部分になります。主に自身の貯蓄や両親や祖父母からの援助で用意することが多いでしょう。

返せる額としては返済比率を考えることが多いです。つまり自身の年収に対してローンの返済額がどのくらいになるか、ということですね。これは25%くらいまでには抑えたいところです。他の出費も考えて無理なく返せる額で設定しましょう。

借入金と自己資金の割合


借入金と自己資金の割合はどのくらいが適切なのでしょうか。一般的に言われているのは、『自己資金を20%以上は用意した方が良い』というものです。これにあてはめると3000万円の住宅を取得するのに、600万円以上自己資金を用意するのが適切ということになります。実際のところはそれほど頭金はなくても購入できることも多いです。むしろ一度住宅の頭金に入れてしまったお金は、住宅を売却するまで引き出すことはできないお金になりますので、頭金の額は抑え目にして購入後の手持ち資金に余裕を持たせるのをお勧めします。

住宅取得等資金の贈与の特例


頭金を用意する際には、両親や祖父母から援助を受けて用意することもあるでしょうが、国もそれを後押しする特例を用意しています。それが住宅取得等資金の贈与の特例です。普通は両親や祖父母からお金を受け取った場合には贈与税がかかります。しかし、住宅取得に伴う贈与では一定条件を満たすことで贈与税がかからずにお金を受け取ることができるのです。現在は、

一般住宅用家屋:700万円
良質な住宅用家屋:1200万円

まで非課税で受け取る事ができます。消費税が10%に増税された際には、この金額はさらに大きくなる予定です。

いかがでしたでしょうか。マイホームはローンも使うとても大きな買い物です。予算計画はしっかりと立てて、将来に渡って後悔しない買い物にしましょう。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います