マイナス金利決定から1年
2017.1.30

株式会社AWARDの渡邉です。昨年1月29日は日銀の金融政策決定会合にてマイナス金利の導入が決められた日でした。ちょうど中国の経済不安により世界的な株価の下落が見られる中で発表されたことから、少しだけ株価が持ち直した後すぐに下落していったのを覚えています。

1年間のマイナス金利の導入によって日本の経済はどのように変わったのでしょうか?いくつかあげられますが、

・銀行預金金利の低下
・保険商品の改定
・住宅ローン金利の低下
・不動産価格の上昇
・国債利回りのマイナス化

などが挙げられるでしょうか。

日銀のマイナス金利政策は金融機関が日銀に対して行う預金の一部にマイナスの利子を課すというものでした。日銀は金融機関の銀行にあたるので、金融機関はお金の安全な保管場所として日銀への預金をしたいわけです。しかし、マイナス金利が課されると預けたお金の額に応じて利子を払わなくてはいけなくなります。そのため金融機関はできる限り貸付や有価証券の購入にお金をまわし経済が活性化するだろうといのが狙いの政策でした。

銀行に負担を強いるこの政策は、金融機関からは反発されることになりました。副作用として国債の利回りが低下して年金の運用環境が悪化するなどの問題も生じてきたため、8ヶ月後の2016年9月の金融政策決定会合では、マイナス金利導入前から続いてきた異次元の金融緩和の総括的な検証が行われました。結果として10年物の国債の金利を0%程度に誘導するよう政策を見直したため、異次元緩和の政策の枠組みも変わることになったと言えます。

日本の金融政策を司る日本銀行。その仕掛ける政策では、なかなか日本経済が思うようには動くことはないようです。実際のところ景気を左右しているのは日銀の政策よりも海外のトランプ氏の大統領就任や、中国の景気の減速など国外の要因がほとんど。日本の経済のことを考える上でも、外部要因が多々ある世界に目を向けて情報を得ていくことが大切なのではないでしょうか。

 

カテゴリーから記事を探す