継続は力なり
2018.9.12

株式会社AWARDです。

本日で毎日配信しているコラムが1000本目となりました。皆様いつもご覧いただきありがとうございます。書き始めたときにはここまで続けるとは考えていなかったため、節目の本数を迎えられたことをとても嬉しく思っています。

続けることで起きたこと


コラムを継続して書くことで何が変化したか。いくつか体験したことを挙げてみますと、

・会社としての認知度や信頼度の向上
・会社に親しみを感じてくださる方の増加
・自分自身の知識のアップデート

などが挙げられます。特に2番目に関して言えば、初めてお会いした方から『コラムをいつも読んでいます』と言っていただくことが増えとても驚いています。WEBでの発信は誰でもできる時代ではありますが、実際に継続してやっている方は少ないからこそ価値を感じていただけているのかもしれません。

フラットな視点からの情報を


本コラムを書く上で意識しているのは、できるだけ皆様の役に立つ生きた情報をフラットな視点から配信することです。世の中の情報というのは、広告費が多く注ぎ込まれるほど多くの方の目に触れるようにできています。TVもそうですし、ネット上でもそうですね。多額の広告費が注ぎ込まれている情報というのは、当然のことながら発信元にとって都合の良い情報ばかりになっている可能性があります。

弊社も会社である以上は利益を追求する必要があります。しかし金融という仕事においては、ただただ利益を追求していくことは、大きく顧客利益を損なうことにもなりかねません。それは本コラムでも何度も注意喚起をしているように、証券業界、保険業界、不動産業界などに顕著にみられることでもあります。私たち株式会社AWARDは金融教育と投資の会社です。『教育』ということも謳っている以上、関わってくださった皆様の人生が将来的にプラスになるような正確で質の良い情報をお伝えしたいと考えて本コラムも書かせていただいています。

知識・行動・結果


ただし、本コラムをただ読むだけでは、すぐに生活が変化するということはないかと思います。知識を得るだけでは、それが金銭的・精神的な豊かさに直結するようなことはなかなか起こらないはずです。結果を得たいのであれば、得られた知識をもとに行動を起こすことです。投資の話もしかり、保険の見直しの話もしかり、住宅ローンの借り換えもしかり、得られた知識をもとに行動を起こすことで自ずから次の結果が得られるのではないでしょうか。

今後も本コラムは継続して配信させていただく予定です。ぜひコラムの中で気になったことがあれば、自分自身で金融機関に問い合わせをしてみるでも、弊社のセミナーに足を運んでみるのでも、なんでも良いので次に繋がる行動を起こしてみてください。その行動があなたの未来を良い方向に変える大きな一歩になるはずです。

それでは引き続き株式会社AWARDおよび本コラムをどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリーから記事を探す