配当金を貰うために
2018.3.27

株式会社AWARDです。

企業の株式を持っていると『配当』として会社が得た利益や内部留保からお金が還元されることがあります。3月末はこの配当をもらえる銘柄が多くあるのですが、本日が配当を貰うために株を保有しないといけない日となっています。

配当金の権利を得るために


配当や株主優待を手に入れるためには『権利確定日に株主であること』がなによりも大切です。配当を受け取るためには、それまでにどのくらいの期間株を保有していたかは一切関係なく、特定の日に株主として記載されることが必要なのです。

日本の企業の場合、配当が貰えるのは多くが3月、9月。そして今月の権利確定日は3月30日(金)となります。つまり3月30日に株主として名前があれば配当や株主優待の権利が得られるのですが、ここには一つ落とし穴があります。

本日が権利付き最終日


株主として記載されるには、購入後3営業日の期間が必要なのです。つまり権利確定日に株主とされるためには、権利付き最終日と呼ばれる権利確定日の3営業日前に株式を購入し、保有しておく必要があるということになります。営業日なので土日などの非営業日は挟みません。

この3月末の場合は3月30日が権利確定日なので、3営業日を引くと本日3月27日(火)が権利付き最終日となります。なお、3月28日(水)は権利落ち日(権利つき最終日の次の日)となり、この日に売ってしまったとしても配当を受け取る権利は自分が保有することになります。

配当金の利回り


さて、このようにして取得できる配当金ですが、実際のところ利回りはどの程度あるのでしょうか。日経平均株価で見てみると、予想平均利回りは1.87%と約2%程度になります。普通預金の金利が0.001%といった数字になっている現代においてはかなり良い利回りですよね。

実は株式の利回りというのは配当だけでなく本質的な値上がり期待も加味して考えるべきなのですが、実際に手元にもらえる配当は嬉しいもの。大きめの配当を貰える株式を狙って買ってみるのも良いでしょう。株式投資を楽しむ上での一つの情報として参考にして頂ければ幸いです。

カテゴリーから記事を探す