G20と暗号通貨
2018.3.20

株式会社AWARDです。

19-20日にかけてアルゼンチン、ブエノスアイレスで開催されているG20(20カ国・地域財務相・中銀総裁会議)。世界を代表する20ヵ国が集まる会議ということで、そこで話し合われる内容には注目が集まっています。

G20のテーマは


今回のG20では、保護主義貿易、暗号通貨資産における消費者・投資家保護、マネーロンダリング、そしてテロリストへの資金調達などの不正行為を防ぐ規制が主要議題となっています。

世界の重要な課題について取り上げられるこちらの会議ですが、暗号通貨についても新たな国際的な規制の枠組みを作っていく可能性もあるのでは、と注目を集めていました。そして暗号通貨のテーマに対しては一定の方向性が決まりつつあるようです。

FBSとは


暗号通貨に関する議題がG20で取り扱われる前に、金融安定理事会(FSB、Financial Stability Board)は、G20財務相宛書簡を公表しました。FSBは国際金融に関する措置、規制、監督などの役割を担う組織で、日本からも財務省、日本銀行、金融庁が参加しています。

FBSからの書簡の内容で最も重要なのは、

『暗号資産は規模が小さいため、現時点で世界の金融安定性を脅かすものではない』

というものです。暗号資産というのは暗号通貨とイコールと考えて良いでしょう。

この考え方に基づき、FSBはリスクの監視をタイムリーに行うための評価基準の策定等を行うとしています。そして暗号資産(暗号通貨)が、消費者・投資家保護の問題やマネーロンダリング・テロリストの資金調達の問題があるとする一方で、その基礎となる技術が金融システムや経済を効率化し様々な課題を改善する可能性を持っていると述べています。

暗号通貨に関する議論の行方


この文面から判断するとFBSの立場としては、暗号通貨は様々な問題を抱えている一方で、見守りながら育成する余地があるという考えを持っていると言えるでしょう。

どうやら今回のG20で暗号通貨の規制について深く議論が行われることはなく、規制については各国に任される状況になっていきそうです。G20でネガティブな規制が入るのではという懸念から縮小していた暗号通貨市場ですが、現在は少し回復しています。各国で適正な規制のもとに、暗号通貨が金融や経済の効率化や革新に寄与する健全な市場に発展していくことを願います。

カテゴリーから記事を探す