匿名通貨とは
2018.3.17

株式会社AWARDです。

世界で1500種類を超える暗号通貨。その中には様々なニーズに応じて生まれてきたものが存在しており、匿名通貨と呼ばれる取引の匿名性が高い通貨も存在しています。本日はそんな匿名通貨について取り上げたいと思います。

匿名通貨の種類


匿名通貨とは暗号通貨の中でも、特に匿名性が高いものを指します。日本国内でみなし業者として営業を続けていたコインチェックは、数種類の匿名通貨を取り扱っていたことが、金融庁からの仮想通貨交換業の登録を受けることができなかった大きな原因だったとも言われています。

暗号通貨の代表例であるビットコインは、ブロックチェーンという分散型台帳技術(取引を分散して保存する仕組み)を用いることで、すべての取引を完全に記録しています。この取引は世界中の全ての人から見れるようになっているのですが、そこまでの透明性は必要ないのでは、という方から匿名通貨は支持されています。

代表的な匿名通貨


代表的な匿名通貨としてはコインチェックに上場している、

・Monero(モネロ/XMR)
・ZCash(ジーキャッシュ/ZEC)
・DASH(ダッシュ)

といったものが存在します。これらの暗号通貨は、取引において接続経路や通信内容を秘匿化したり、送受信アドレスを暗号化することによって通貨としての匿名性を保っています。匿名性があるということはプライバシーが守られるということになります。

負の側面は?


そして、これらの匿名通貨の負の側面としては、マネーロンダリング(資金洗浄)や犯罪資金の調達に利用されるのではないかという懸念が挙げられます。仮想通貨交換業に登録されている国内の取引所で上場されないのは、金融庁の懸念があるからだと言われています。

唯一コインチェックのみが3種類の匿名通貨の取り扱いをしていましたが、それらの通貨は上場廃止で調整が進んでいるというニュースも出てきました。コインチェックはNEMの流出事件もありましたが、これらの匿名通貨の上場廃止で仮想通貨交換業者への登録へは一歩前進するかもしれません。

様々な目的で数が膨大に増えてきた暗号通貨ですが、今後価値がない通貨は淘汰されていく流れになっていくでしょう。明後日から始まるG20でも暗号通貨に関しては一定の議論が交わされる予定ですので、世界の潮流にも注意していきたいところです。

カテゴリーから記事を探す