コインチェック問題進展
2018.2.9

株式会社AWARDです。

世間を賑わす大きなニュースとなったコインチェックからの暗号通貨の不正流出事件。金融庁による業務改善命令や立ち入り検査などもありましたが、どうやら少しずつ進展を見せているようです。

日本円出金13日に再開へ


1月26日に約580億円相当の暗号通貨NEMの不正流出を許してしまったコインチェック。流出事件が発覚してから、コインチェックに預けている資金は凍結され、暗号通貨の売買・引き出しはもちろん日本円の出金さえできないようになっていました。

こういった取引所では日本円を取引所に最初に預け、その日本円を様々な種類の暗号通貨に換えることができます。関係者らの話によると、この預けていた日本円の部分は安全性が確保できたため、来週13日にも出金を再開するとのことです。

補填のめどは立たず


現在の情報では13日に開始されるのは日本円の出金のみとのことで、暗号通貨に関しては出金開始予定はありません。多くの暗号通貨を扱っているため、それらの通貨に関してNEMの二の舞にならないように検証を進める必要があるのでしょう。

またNEMに関してはコインチェック内にあったものがほぼすべて不正出金されてしまったわけですが、顧客に対する補償時期に関しては依然として未定です。今のところコインチェック側は補填を日本円で行うことを発表していますが、それだけでも数百億円の資金が必要なため実現までには時間がかかりそうです。

今後の動きは


金融庁が立ち入り検査に入った後に、日本円の出金が再開するというニュースが出たことは喜ばしいことかと思います。大きな不正流出を許してしまったコインチェックですが、日本では有数の暗号通貨取引所であったこともまた事実です。会社がなくなってしまうのは残念ですので、ぜひ金融庁の指導を受けながら再生を目指して頂きたいと思います。

コインチェック問題の進展は暗号通貨市場全体にとって明るいニュースです。コインチェックがウェブ上でアルバイトや社員を募集しているという情報もありますので、事件の処理や再生に向けて動いている様子は伺えます。引き続き顧客への対応や業務再開に向けて動向を追っていきたいと思います。

カテゴリーから記事を探す