コインチェック対応発表
2018.1.28

株式会社AWARDです。

昨日不正送金により、約580億円分もの暗号通貨を失ってしまったコインチェック。多くの人のお金が被害にあってしまったわけですが、補償方針が発表されたのでこちらでご紹介しておきます。

保障方針


総額:5億2300万XEM
保有者数:約26万人
補償方法:NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金。 
算出方法:仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、コインチェックにおけるNEMの売買停止時から補償方針のリリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金 。
算出期間:2018/01/26 12:09 〜2018/01/27 23:00 
補償金額:88.549円×保有数
補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中。返金原資は自己資金より実施。

迅速な対応


この不正送金の被害が明らかになってから、今回の補償内容が発表されるまでわずか1日半ということで、ネットでは対応スピードを評価する声も上がっています。約500億円を自己資金から被害者に対して補償するということで、それだけの内部留保を企業内に保有していたことも驚きです。

昨日の段階ではどこかの大企業による救済があるのでは、といった予想もしていましたが、ちょっとした上場企業以上にコインチェックには内部留保があったようです。この補償を行った上で、原因究明、セキュリティ体制の強化を進め、金融庁の仮想通貨交換業者への登録申請の継続的な取り組みも実施していくとのことです。

市場も敏感に反応


この対応を受けて暗号通貨市場も大きく反応しています。不正送金被害で暗号通貨全体への信頼性が下がり、多くの通貨が軒並み下落していましたが、補償内容のリリースにより全ての通貨が上昇しています。特に被害のあったNEMは反応が大きく、ここ1日は80円台まで落ち込んでいたものが、110円台を回復するところまで上昇しています。被害が補償された後に、返金された日本円でNEMを購入する方も大勢いるであろうという見込みによる買いが入っているのだと思います。

今回の事件は、過去の暗号通貨の歴史で最大の被害額でしたが、この素早い対応は個人的には高く評価できるものだと思います。今後コインチェックが引き続き事業を継続できることを応援していきたいと思います。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

カテゴリーから記事を探す