暗号通貨への投資
2017.12.21

株式会社AWARDです。

最近は電車の中づり広告でも暗号通貨のことを見かけるようになりました。その盛り上がりは投資家の間だけでなく、だんだんと一般にも認知されてきたように思います。本日は投資対象としての暗号通貨について考えてみましょう。

暗号通貨元年?


2017年は暗号通貨元年と言われる年になりました。なぜこのように言われるかというと、春先に政府が暗号通貨を貨幣として認定したことや、秋には暗号通貨の取引所が金融庁に登録されたりというのが大きかったように思います。

投資対象として見てみると、年初からどの暗号通貨も軒並み数十倍、数百倍に値上がりしています。最も有名なビットコインの例で見てみても、年明けには約10万円だったのが、現在は200万円前後まで値上がりしています。年初から1ビットコインを保有し続けていた方は、現在の資産価値は200万円ということですね。

大手企業も次々に参入


この流れは無視できないということで、大手企業もこの業界に次々と参加を表明しています。金融機関も独自の暗号通貨の開発を始めるなど投資を実施していますし、ICOといった暗号通貨を使った資金調達を実施する企業も出始めました。この流れは来年も続いていくのだと思います。

現在世界には上場している(取引所で取引ができる)暗号通貨だけで1300種類以上が存在しています。チャンスをものにしようと、独自の通貨を開発している企業や組織がそれだけあるということになります。今後もこの流れは続いていくでしょう。

来年も投資対象としては有効か


ここまで値段が上がってきた暗号通貨ですが、来年も投資対象としては有効なのでしょうか。この問いに対しては、わたしはYESだと考えています。確かにビットコインを始めとする暗号通貨の価値はこの1年で大きく上がりました。来年も上がり続ける保証はありません。しかし、上場している暗号通貨の数を見て分かる通り、ビットコインに実現できない世界を実現するために新たに生まれてきた通貨も価値を伸ばしている現状があります。

未来を変え得る有望な暗号通貨の開発は今後も続いていくでしょう。そのような通貨を購入することができれば、来年以降も暗号通貨への投資で資産を殖やせる可能性は高いです。まだ暗号通貨には触れたこともない、という方も多いと思いますが、最初は取引所を作ることからスタートしてみてはいかがでしょう。暗号通貨への投資は1000円といった小さい額からでも始められます。後悔しないようにチャンスを手にできる準備はしておきたいものです。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

カテゴリーから記事を探す