情報の価値
2017.12.4

株式会社AWARDです。

投資をするにあたって最も大切なものはなんでしょうか。知識でしょうか?それとも元本の大きさでしょうか?色々な考え方があると思いますが、わたしは『情報』なのではないかと思います。

情報の価値


まず、なぜ情報が大切だと感じるかというと、情報がなければ投資の世界に入ることさえ困難であるということです。お金を働かせるとお金が殖えることは、お金持ちの多くが知っている事実です。しかし、その事実は学校では教えてくれませんし、多くのご家庭ではご両親が教えてくれることもありません。

日本では昔から貯蓄が推奨され、投資に対するイメージはあまり良いものではありませんでした。歴史的に政府が貯蓄を推奨してきたことも理由の一つにあげられるでしょう。また高度経済成長期には、貯蓄しているだけで高い銀行金利がもらえていた時代があり、投資の必要性がなかったというのもあると思います。

無料の情報にも価値はある?


さて、情報に価値があるのは間違いないのですが、現代はインターネット上に情報が溢れている時代です。インターネットで得られる情報には価値がないのでしょうか。わたしは、大いに利用する価値はあると思います。

しかし、インターネット上にはあまりにも大量の情報が溢れているがゆえ、ある程度の基礎知識がある人でないと情報を使いこなすことができないとも感じます。特に投資関係の情報は、多くの会社が自社に都合の良い情報を大量の広告費を使ってばら撒いているので、どうしても希少な情報は埋もれてしまいます。無料の情報を使いこなすのには、本人の経験や知識が必要になってくるのではないでしょうか。

信頼できる人からの情報


それでは最も価値が高い情報はどういった情報なのでしょう。それは信頼できる人経由で耳に入る情報であるとわたしは考えています。わたし自身が投資を始めるきっかけになったのも、ある経営者との出会いがきっかけでしたし、今の仕事の中で役立っている情報も、ほとんどが人経由で入ってきたものなのです。

結局のところ、本当に価値のある情報は、その価値が分かる人の間でのみ伝わっていくのです。まずは、自身が信頼できる人からの情報をもとに投資を始めてみる事をお勧めします。そして一度投資を始めてみると、そこから他の情報の価値も少しずつ高めていくことができます。情報の価値は受け取り手の知識と経験によって高めることができるのです。ぜひ良い情報の受け取り手になることを意識して、投資に取り組んで頂ければと思います。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

カテゴリーから記事を探す