BTCとBCH
2017.11.12

株式会社AWARDです。

ビットコイン(BTC)が社会的にだんだんと認知されてきている中、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)がここ数日で大きく価値を上げています。一体なにが起こっているのでしょうか?

ビットコインキャッシュとは


ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインが分裂してできた暗号通貨になります。ビットコインは世界中で認知され価値も大いに上げていますが、問題点も存在します。あまりにも急激に取引量が拡大したことで、送金にかかる時間が大きくなってきているのです。

専門的なことは割愛しますが、ビットコインの問題点を改善するために生まれたのがビットコインキャッシュであるとも言えます。ビットコインの取引が正常に行われるのを維持するのには、技術的な部分を支える人たちの力が必要不可欠です。その人たちのことを『マイナー』と言ったりするのですが、そのコミュニティーの中でも今後のビットコインの運営をどのように行っていくのか意見が分かれており、その結果としてビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュ高騰


こうして生まれたビットコインキャッシュですが、8月1日の誕生からそれほど目立った動きはなく、10月ごろには1ビットコインキャッシュ=3~4万円程度に落ち着いていました。しかし、ここ数日の間に高騰し、11月12日現在で15万円程度の価格をつけています。それと同時に80万円台をつけていたビットコインの価格は下落し、70万円台に落ちてきています。

どうやらビットコインからビットコインキャッシュに『マイナー』の力が流れているため起こっているようです。最近のビットコインはかなり送金スピードが遅くなっており、利便性が損なわれてきています。そのため、8月1日に分裂したビットコインキャッシュが脚光を浴びることになり価格が上昇したようです。

今後のBTCとBCH


今後この2つの暗号通貨はどのような動きをしていくのでしょうか。ビットコインを支えていた『マイナー』たちがビットコインキャッシュに流れているというのは、結構大きな出来事になります。暗号通貨の第一号として誕生したビットコインがその役割を終え、他の暗号通貨が代わりに使われている未来もあり得ると思います。

暗号通貨は上場しているものだけでも1200種類以上あります。この中で生き残り競争が行われていくのでしょう。金(ゴールド)がお金として使われていた時代から、紙幣がお金として使われる時代に変わったように、暗号通貨の世界でも第一線で使われるものは変わっていくはずです。スピードの早い変化に取り残されないようにしたいものですね。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

カテゴリーから記事を探す