積立投資と一括投資

株式会社AWARDです。

資産運用を検討する際に、投資の仕方で悩むことがあります。月々の余剰を使ってコツコツ積立投資をするか、それとも貯まっているまとまったお金を使って一括投資をするか。本日はこの2つの投資方法について考えてみましょう。

積立投資のメリット


積立投資の最大のメリットは、タイミングを気にせずに始められるところでしょうか。投資先の商品が安い時に始めても高い時に始めても、長期的な積立を前提にするのであればタイミングが重要ではなくなるのです。定額を積み立てていくことによって、対象の商品が安い時には多く買い、高い時には少なく買う、というドルコスト平均法も使うことができます。またコツコツ積み立てていくことで、心理的負担が軽い中で元本を増やしていけるのも特徴でしょう。月々3万円の投資でも1年で36万円、10年で360万円、30年で1080万円です。いきなり1000万円以上投資するのは怖くても、月々3万円ずつだったらチャレンジしやすいですよね。

一括投資のメリット


一括投資のメリットはタイミング次第で大きくお金を殖やすチャンスがあること、そして投資の選択肢が広がることでしょう。例えば短期的に2倍になるような期待が持てる商品だった場合、一括で100万円の投資ができれば、うまくいけばすぐに200万円になるかもしれません。しっかり探すと短期的な値上がりが期待できる商品というのは多くあります。例えばIPO株や最近の例ですと一部の暗号通貨などもそれにあたるでしょう。また一括投資できる金額が大きければ大きいほど、あまり知られていないヘッジファンドなどにも投資をすることができます。富裕層向けの商品には、毎年安定して数%ずつ増えているものや、ファンドが発足してから毎年数十%のリターンを出しているものなども存在します。そういった商品はだいたい10万ドル(約1100万円)程度からできるものが多いので、大きいお金を投資できるというのは、実は比較的安全に投資のリターンを得ることにも繋がるのです。

いかがでしたでしょうか。お勧めの投資方法としては、まずは月々の積立から資金を増やしていき、大きなお金ができたら富裕層向けの一括投資にも挑戦してみることです。この2つの投資方法を上手く使えば、人生において投資の力を最大限に使うことができるのではないでしょうか。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います