投資と社会貢献

株式会社AWARDです。

投資を始める目的は多くの方の場合、自身のお金を殖やすためでしょう。しかし、その一方で投資が社会への貢献に繋がっていると言われたら、あなたはピンとくるでしょうか?本日は投資と社会貢献をテーマとして書かせて頂きます。

株式投資の場合


最も王道の投資と言えば、株式投資でしょう。日本でも多くの方が株式会社で働いており、そこから給料を得ています。そんな株式会社の株を買うのが、株式投資です。株式投資したお金はどのように使われるかというと、まず立ち上げの時に企業に投資した投資家のお金は、資本金としてそのまま企業の運営費として使われます。そして証券会社などを通して投資できる上場企業の株を買った場合は、企業の価値を正当に評価し、その企業が新たな資金調達をする際の支えになります。どちらにせよ株式会社の株を買うというのは、その企業のことを応援する意味を持つのです。

債券投資の場合


債券への投資の場合はどうでしょうか?債券というのは、購入すると保有している期間で一定の利回りを得ることができ、償還時に発行体からお金が戻ってくる性質を持っています。一般的には、株式よりも安全性の高い投資対象として知られています。債券も発行体側から見ると資金調達の手段です。国が発行した債券は国の運営費として使用され、会社が発行した債券は会社の運営費として使用されます。つまり債券への投資も発行体に対する応援の意味を持つということになります。発行体が行う事業が応援したいものであれば、投資したお金が社会貢献性を持つことになるでしょう。

FXの場合


それでは通貨に投資するFXでは、投資したお金がどのような意味を持つのでしょうか。FXの場合ですと、直接なにかの事業を応援するといった意味は持ちません。ただし、FXに対して投資をする人がいるから、通貨の価値がリアルタイムに決定している、という側面を持っています。FXは通貨の価値の変動をお金に変える手段です。ここに多くの投資家が参加することによって、なにか出来事が起きた際に、すぐにその出来事を反映して通貨の価値が変化します。FXへの投資というのは、通貨の価値をみんなで決定していくようなものと思うと良いかもしれません。

このように投資は『投資先を応援する』といった意味や『投資先を評価する』といった意味も持ち合わせています。現金のまま持っているだけでは新たな価値を生まないお金ですが、投資すると意味を帯びてくるのは面白いものです。ぜひご自身のお金が世界に対してどのような価値を生んでいるか考えてみてはいかがでしょうか。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います