お金との付き合い方③
2017.1.15

株式会社AWARDの渡邉です。前々回、前回とお金との付き合い方をテーマに書いてきました。

【稼ぐ→使う】の宵越しのお金は持たない江戸っ子タイプ、【稼ぐ→貯める→使う】の堅実な日本人タイプをご紹介してきましたが、残りのパターンも紹介していきたいと思います。

三つ目は、

【稼ぐ→貯める→殖やす→使う】

タイプです。世界標準のバランスタイプとでも言えるでしょうか。日本に比べて他の先進国では、運用でお金を得ることがごく当たり前に行われています。働いて得たお金を貯めて、それを運用して殖やしていく。これを継続することで月々運用から得られるお金も大きくなっていきます。しっかり働きつつ運用もするバランスの良いタイプですので、誰にでもお勧めできるお金との付き合い方になります。

そして最後のパターンは、

【殖やす→使う→殖やす→使う】

大家さん・資産家タイプです。すでに働かなくても一定の収入が資産運用から得られる状態なので、運用で殖えた分だけ使って生活していくようなイメージですね。そんな人いるのか?と思われるかもしれませんが、意外と身の回りにはいるものです。もしかしたらあなたの住んでいるアパート、マンションでいつも掃除をしてくれているオーナーさんもこのパターンの方かもしれません。家賃から得られるお金だけで生活ができてしまうわけですね。

最後のパターンにたどり着くのはすごく難しいものに思えるかもしれませんが、しっかり目指してある程度の時間をかけると確実に近付いていくことができます。実際にわたしの身の回りでも、ひとまずこのパターンまでいこうと頑張って月々の収入が殖えつつある方々が多くいらっしゃいます。生活費が資産運用で殖えたお金だけで賄えるようになれば、いわゆる『経済的自由』にたどり着けると言えるでしょう。

みなさんいかがでしたでしょうか。

【稼ぐ→使う】
【稼ぐ→貯める→使う】
【稼ぐ→貯める→殖やす→使う】
【殖やす→使う→殖やす→使う】

4つのタイプを紹介しましたが、あなたはどのタイプに当てはまりそうでしたでしょうか?資産運用だけで生活できるところまでいくのが必ずしも絶対ではありませんが、付き合い方の中に【殖やす】という資産運用の部分を取り込んでいけると経済的に豊かな人生を送りやすくなるのではないかと思います。ぜひ自分の理想とする付き合い方を考えてみてくださいね。

カテゴリーから記事を探す