2016年一番日本株を買ったのは?【投資】
2016.12.25

株式会社AWARDの渡邉です。クリスマス当日になりました。今年は年末にかけて日本株が上昇してきたのでこの後も市場は穏やかな年末になりそうです。では2016年に全体として日本株の上昇を牽引したのはどこだったのか?

外国人投資家?それとも国内の個人投資家なのでしょうか?実はこの2つのどちらも違っていて、今年最大の日本株の買い手は、

日本銀行

だったそうです。12月半ばまでの統計で日銀のETF(上場投資信託)購入額が4兆3千億円超と他部門を上回り最大となるのがほぼ確実となりました。この額は昨年と比べても4割増えており過去最大の金額のようです。

外国人投資家に関しては今年全体では3兆5千億円強を同時期までに売り越しており、海外からは株が売られた一年だったことになります。そして2番目に大きな買い手となったのはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の売買も含む信託銀行で、3兆5千億円を買い越しています。

日銀は7月に金融緩和策としてETFの年間購入額目標を3兆円から6兆円に倍増させています。来年このペースでの買い入れが継続するようであれば、今年以上の買い越し額になるのはほぼ確実でしょう。このままいくと日銀が日本市場の最大株主になる日も遠くはなさそうです。

日本銀行やGPIFといった限りなく国に近い機関が株を買うことによって今の株価を維持してきていると考えると、かなり歪んでいる市場のように見ることもできます。個人投資家にとっては下支えをしてくれる巨大な買い手はありがたいですが、企業の株主に占める国の割合が増えてしまうのは経営権の観点からもちょっと疑問に思いますよね。

今後日銀がETFの買い入れの方針を買えたり、GPIFが日本株を手放していくようなことがあれば、株価が大きく下落することも考えられます。特にGPIFは年金の支払いの際には株を換金する必要があるので、絶対いつかは売られることになります。こういった巨大な投資家の存在を頭においての取引は大切かもしれませんね。

 

カテゴリーから記事を探す