保険が活躍する場面
2018.3.10

株式会社AWARDです。

皆さんは民間の保険会社の保険には加入していますか?私は自分に必要だと思うものをいくつか見繕って加入しています。日本人の全世帯の90%以上が加入しているという保険。本日は保険が活躍する場面についてご紹介していきます。

保険が最も価値を生む時


保険が最も価値を生むのは、万が一の際に家族や大切な方を守ることができた時でしょう。万が一というのは、事故であったり病気であったり入院であったり様々なケースがあると思いますが、その時にお金を貰うことができるというのが保険の価値です。

ですから例えばお子さんがいらっしゃるご家庭の場合などは、家庭を支えている方に万が一のことがあった際には、しっかりお金が残る保険に加入するべきだと思います。その場合お子さんが働き出して自立するまでの間、保険に加入していると良いでしょう。こういったケースでは定期保険や収入保障保険がとても役立ちます。

相続対策の保険


そして保険が役立つ別の場面としては相続のタイミングがあります。誰かが亡くなり相続が発生した際に、もめ事が起きないようにするために保険が活用できるのです。

保険金というのは『みなし相続財産』という扱いになり、遺産分割協議の対象になりません。遺産分割協議を経ることなく、受取人の方が取得することができるため、納税資金を作るための対策や被相続人の意思を反映するのに使えます。税金面でも優遇されますので活用しない手はないでしょう。

法人の財務改善


また企業経営者の方以外には馴染みがないかもしれませんが、法人の財務改善にも保険は活用できます。適切な保険に加入することで金融機関からの評価を上げることができたり、退職金を作ることが可能です。

個人に比べて法人で加入する保険は税制面での優遇も大きいので、上手に活用すると法人のお金をマネジメントすることができます。経営者の方に万が一のことがあった際に従業員の方や取引先を守るリスクヘッジもできますので、法人では保険の活用について積極的に検討すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。保険というのは税制や法律を知っていることで、活用の幅はかなり広がります。上記のようなことが気になる方はご相談も頂ければと思います。

カテゴリーから記事を探す