保険の内容を知る
2018.1.31

株式会社AWARDです。

皆さんはご自身の保険の内容を知っていますか?保険に関するご相談をいただくと、意外と今加入している保険の内容を知らない方もいらっしゃるものです。

保険は使えることが大事


保険はどのような時に活用するものでしょう?万が一の時に、保険会社から保険金をもらうために加入するものですよね。普段から自身が加入している保険のことを把握しておかなければ、いざという時に保険を利用することができないかもしれません。実際のところ保険給付の申請ではそろえなければいけない書類等、手間がかかる部分もありますので、申請が漏れているケースは多々あるようです。

そして、自身が加入している保険の状況について、ご家族の方が分かるようにしておくことも大切です。自分に万が一のことがあったときには、自身が保険の申請をすることは難しいため、家族の助けを借りる事になるはずです。普段から家族の方にもわかるように整理しておきましょう。

昔より今の保険が良いケースも


また、加入してから時間が経っている保険の場合、見直すと価格が安くなったり同じ価格で保障内容が充実したものが出ている場合があります。例えば医療保険は、昔は5日以上入院しなければ保険金が出ない、といった給付の制限があるのが主流だったのに対し、最近のものでは1日目から給付金が出るようになっています。先進医療に対する保障も近年は当たり前につけられるようになっていますが、昔からあったわけではありませんでした。

一方で貯蓄型の保険の場合は、昔に比べて保険会社が運用で出せる成績が落ちているので、ほとんどお金が殖えないものになっています。ずっと前に加入した貯蓄型の保険の中にはお宝保険と呼ばれる効率的にお金が殖える保険も存在していますので、そのような保険に加入している方は気軽に解約するのではなく大切に持ち続けると良いかもしれません。

定期的に保険の内容は見直しを


保険は万が一の時に使うものであるからこそ、普段の生活で内容を振り返る機会があまりありません。だからこそ、定期的に加入している保険については見直す機会を作れると良いかと思います。数年経てば、家族にとって本当に必要な保険の内容も変わってくるはずです。

また保険を見直す際には、複数の保険会社を比較して自身のニーズに合ったものを探すことも一手間かけてやってみると良いでしょう。保険の種類は数千種類存在していると言われている通り、保険会社によって出している商品の特徴も少しずつ異なっています。情報をアップデートしながら、自身にとってベストな保険に常に入っていられる状態を作っていきましょう。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

カテゴリーから記事を探す