生命保険が必要な人

株式会社AWARDです。

生命保険には多くの方が加入してらっしゃいますが、それが本当に必要な保障になっていることは少ないもの。本日は生命保険が必要な人、というテーマでご案内したいと思います。

家族のための保障は足りてる?


弊社では生命保険への加入は最小限にすることをお勧めすることが多いです。なぜかと言えば、保険は金銭的に見ると分が悪い商品だからです。購入する側の顧客よりも、販売する側の保険会社が儲かるように設計されています。その事実を知る人の中には保険をきらう方も少なくありません。

しかし、金銭的に分が悪いから保険に入らなくて良いか、と言えばそうではありません。特に家族(お子さん)がいらっしゃる家庭では、家計を支える方にもしものことがあった際に残された家族を守れる生命保険には加入するべきでしょう。お子さんが小さいうちに家計を支える方に何かがあれば、その家庭は金銭的に困窮してしまいます。しかし、そんな時に生命保険へ加入していれば十分な金銭的な保障を受けることができるのです。

どんな保険に入るべきか


では家計を支える方はどんな保険に入るべきなのでしょうか。必ずしも正解はありませんが、加入している保険を拝見すると保障が足りないケースがしばしばあります。仮に終身保険に1000万円加入していたとしても、その金額では家族の数年の生活費にしかなりません。遺族年金等の公的な保障があるとは言え、家族を守る保障としては小さすぎるかもしれないですよね。

しかし、十分に大きな保障に貯蓄型の保険で入ろうとすると月々の支払いは大きな金額になりがちです。それは現在の生活を圧迫することになるので保険の考え方としては本末顛倒になります。そのため、私がお勧めすることが多いのは掛け捨ての『収入保障保険』になります。

収入保障保険とは


収入保障保険とは、被保険者に万が一のことがあった際に残された家族に月々数万円~数十万円のお金が支払われる保険です。この保険をお子さんが社会人になるころに保険期間が終わるように設定すると、月々数千円程度で大きな保障を得ることができます。少額の支払いで大きな保障を得るという保険の機能が最大限に活かされた商品の一つだと思います。

そして、もちろん大切なのは保障を十分に作った後は、貯蓄・資産運用です。掛け捨ての保険だけでは万が一が起こらなかった際に必要なお金は用意できません。保障と貯蓄・資産運用を分けて考えるのが、効率的な資産形成のコツなのです。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います