最適な保険の見直し

株式会社AWARDです。

最近は駅前などにも保険ショップが立ち並び、保険の見直しを推奨するような広告が多くみられます。それでは保険の見直しは人生においてどのタイミングで行えば良いのでしょうか。

保険は定期的に見直しを


多くの方が加入している民間の保険。その種類は様々で、生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険と多岐に渡ります。世の中にある保険商品の種類は数千にも上ると言われており、なかなか自分に最適なものを見つけるのはむずかしいものです。

しかし、人生においても大きなお金を支払うものの上位にくる保険。しっかりとムダは削って納得できるものに加入したいものです。そのため、自分自身が加入している保険がどんなものかは1年に1回程度は確認してみるのがお勧めになります。

保険も進化している


保険は基本的には早いうちに入った方が料金が安いため、若いうちに良いものに入ることは重要です。しかし、最近では保険商品自体が進化しており、過去の商品よりも安く保障も充実しているものも登場しています。

例えば医療保険の進化は良い例で、昔の医療保険では入院して5日目から保険金がでます、といったものが一般的でした。しかし、今では入院して1日目から保険金が出るものがほとんどであり、値段も過去の商品に比べるとかなり安くなっているケースがあります。保障を今より充実したものにできて、安いコストで持つことができるのであれば保険は見直した方がお得ですよね。

不必要な保険には注意


ただし、見直しを保険ショップや保険の営業マンに依頼した場合には、いらない商品の営業をかけられるリスクがあることも理解しておいてください。保険ショップも保険の営業マンも保険を売ることが仕事です。どんなに良い保険を作っても手数料が安いと彼らに入る実入りは少ないため、どうしても余分な商品まで提案に入ることが多くなります。

自分がどんな保障が欲しいかをしっかりと決めた上で、相談にいくと良いかもしれませんね。弊社では直接の保険販売は行っていませんが、もともと保険代理店で働いていた経験をもとにしたアドバイスと提案が可能です。保険見直しに対して客観的な意見が欲しい方はお問い合わせください。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います