理想の保険

株式会社AWARDです。

本日は『理想の保険』について考えてみたいと思います。みなさん民間保険会社の保険には加入してらっしゃいますか?日本では90%以上の世帯で保険に加入しているそうなので、ほとんどの方の答えはYesなのではないでしょうか。ではその保険になんのために入っているか明確に答えられる方はどれくらいいるのでしょう?

万が一のための保障


保険の販売で頻繁に使われるのが『万が一の保障』という言葉になります。自分自身になにかがあったとき、家族になにかがあったとき、お金の力で周りを守ることができるのが保険になります。本来低確率で起きる緊急事態に対して備える商品が保険である、ということです。

保険というのは、基本的には加入すればするだけ損する可能性が高い商品です。自分が加入した保険によって、支払った保険料以上のお金が戻ってくることはほとんどありません。貯蓄型の保険がは損する商品には当てはまらない、と考えている方もいらっしゃいますが、実はそんなこともないのです。

貯蓄型の保険は損?


貯蓄型の保険はしっかり継続すると支払った以上のお金が入ってくる場合が多いです。ただし、多くのケースで解約した場合のマイナスについて検討されていません。実際のところ貯蓄型の商品に一度加入して、しっかりとお金を払い続けられる方というのは意外と少ないのです。

途中でお金を払えなくなると、多くの場合で元本割れするのが保険です。一定の割合で途中解約する保険契約者のことまで計算された上で、保険商品は開発されています。自分の場合は途中解約をして損する側にならないように、最初から考えた上で加入しておく必要があるでしょう。

あなたにとっての万が一は?


そして考えて頂きたいのが、あなたの加入している保険はあなたにとっての万が一の保障になっているか?ということです。外資系保険会社などはコンサルティング営業という言葉を使いますが、実際にはコンサルティングをしている風に同じ保険商品を当てはめる保険販売であったりします。

1社専属の保険の営業の方だと、取り扱える商品数も限られてくるのでやむを得ない部分もあるでしょう。しかし、保険はむやみに加入すると基本的には損する商品です。保障が必要ないというときには『保険に入る必要はないですね』としっかり教えてくれるような担当者とめぐり逢いたいものですね。

弊社では保険の商品販売は行っておりませんが、他の金融商品と比較した上での総合的なアドバイスが可能です。正しい情報を求める方はお問合せ頂ければと思います。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います