保険の加入は常識?

株式会社AWARDです。

日本人は世界でも有数の保険好きな国民性だと言われています。世帯ごとの保険の加入率は、なんと90%以上。10世帯あれば9世帯以上の方が何かしらの保険に加入していると言われています。本日は保険加入に関する常識に関してメスを入れていきたいと思います。

社会人になったら保険加入?


例えば新社会人になると、大きい会社などではすぐに提携の保険会社から勧誘を受けたりします。社会人になったら生命保険に入るのは常識ですよ、というようなものです。しかしこれは本当に事実なのでしょうか。そもそも保険の目的を考えると、自分が万が一の際に誰かを守るというのが最も大きなものになります。社会人になりたての時は、まだ親御さんの方がお金もあるでしょうし、特別に自分が守らないといけない方はいらっしゃらない場合がほとんどでしょう。その意味では社会人になってすぐに民間の保険に加入する必要性は薄いと言えるのではないでしょうか。

医療保険は価値があるのか


また生命保険以外の医療保険等に関しても、加入に関して慎重に検討しても良いかもしれません。そもそも日本国民は基本的には公的な医療保険に加入しており、医療費の負担は3割以下です。また単月で大きな治療費がかかった場合にも、負担する金額が小さくなる制度があります。月々5000円を支払う医療保険でも、年間に支払う金額は6万円。30年間加入したら180万円です。入院したら1日に10000円もらえる医療保険だとしても、180日間入院しないと支払った保険料は返ってきません。医療費がかかった場合でも、資産や貯蓄が十分にあれば支払いに困ることはないのですから、自身が加入する価値があるかは一考の余地があります。

貯蓄型の保険の価値


また終身保険、養老保険(学資保険)といった貯蓄型の保険も世の中には多く存在しています。これらは保障がついた上でお金も貯まるということで人気のある保険です。しかし、これらの保険もお金を受け取ることができる状況を制限して、お金の自由度を制約してしまうものになります。例えば貯蓄型の保険に加入して2年程度で解約した場合、自分が積み立てたつもりのお金は大きく減ってしまう場合がほとんどです。貯蓄型が自身にとって向いているのか事前に十分に検討すること、そして貯蓄機能を優先するのであれば一度加入したら安易に解約せずに長く持つことが大切でしょう。

万が一の際には大きな効果を発揮する保険。しかし、逆に捉えれば万が一の際がなければ損してしまいがちなのも保険です。加入の際には十分に検討して納得できるものを選びたいものですね。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います