掛け捨ての保険は損?

株式会社AWARDです。

保険に加入するとき、掛け捨てはもったいないので貯まるタイプの保険にしましょう、と言われることがあるかと思います。確かに掛け捨て、と言われると保険料をムダに払ってしまっているような気分になりますよね。では、掛け捨ての保険(定期保険など)は本当にお金の貯まるタイプの保険と比べて損なのでしょうか?

保険料を比較すると?


掛け捨ての保険と貯まるタイプの保険の差を知るには、同じ条件で比較をしてみるのが大切です。ここではある保険会社の例で比較してみたいと思います。例えば30歳の男性が30年間1000万円の死亡保障が欲しい時に、60歳までの定期保険と、60歳までに保険料を払い終わる終身保険に加入したケースを考えてみましょう。まず保険料を比較してみると、

定期保険:月々2,203円

終身保険:月々21,740円

となんと10倍近い差があることがわかりました。60歳までに払う金額も当然10倍近くなります。それでも得られる保障は同じです。

貯まる金額は?


しかし終身保険は掛け捨てではないので、解約返戻金(貯まるお金)があるのがメリットです。60歳時点で貯まったお金を見てみると、

定期保険:0円

終身保険:約871万円

となりました。終身保険に支払う金額を合計すると約782万円になるので、少しだけ払ったお金も増えていることになります。こうやってみると一概に終身保険が悪いというわけでもなさそうです。

差額を運用した場合


ではさらに深めて、終身保険と定期保険の保険料の差を運用した場合を考えてみましょう。終身保険と定期保険の保険料の差は、この場合ですと、

21,740円-2,203円=19,537円

となります。この金額を30年間積み立てながら下記の利回りで運用した場合は、

1%:約820万円
3%:約1,134万円
5%:約1,600万円

となりました。終身保険で30年後に貯まる金額は約871万円でしたので、3%や5%での運用ができれば、終身保険に加入するよりもお得そうですね。

いかがでしたでしょうか。定期保険と終身保険を比較してみると、差額を運用した場合には定期保険の方が将来的に得する可能性が高そうなことがわかりました。また終身保険のデメリットとしては、途中で解約すると貰える解約返戻金が小さくなるという流動性の低さも挙げられます。それでも終身保険を選びたい場合には、絶対に決められた期間お金を払い続けることを意識すると良いのではないでしょうか。最後までお金を払い続けられるのであれば、運用で下振れするリスクはありませんのでひとつの選択になり得るでしょう。ぜひご自身のライフプランにどちらの保険が合っているか考えてみてください。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います