生命保険と資産運用

株式会社AWARDです。

皆さんは生命保険の営業マンに『貯蓄』『運用』というキーワードで保険の営業を受けたことはないでしょうか。個人的にはそういった保険の営業トークの多くは、間違っている部分が多々あると考えています。本日はその理由について書かせて頂きます。

お金の貯まる保険


生命保険の商品の中でも、終身保険、養老保険といったタイプのものは解約返戻金がだんだんと貯まっていき、支払った運用金額よりも大きくなるものが存在しています。特に外貨建ての商品などでは顕著です。一見そういったタイプの保険を加入することは、自身の将来に備える老後の貯蓄や、教育資金を確保するための学資の確保に向いているように見えるのではないでしょうか。

保険大国日本


日本人は全世帯の90%以上の方が保険に加入しているという保険大国です。ですので、『社会人になったら保険に入らなければいけない』『結婚したら保険に入らなければいけない』と考えている方が多くいらっしゃいます。しかし、保険というのは別に入らなくてはいけないものではなく、その時々の状況に応じて必要な保障を得るために加入すれば良いものです。日本は公的な医療保険(健康保険)や、万が一の際の遺族に対する保障(遺族基礎年金、遺族厚生年金)などがとても充実していますので、それらで十分だと考える人は、生涯を通して保険に加入しないという選択肢もあるのです。

保険の継続リスク


そして、それらを踏まえた上で追加の保障が必要だ、と思った時でも基本的には掛け捨ての保険を購入すれば充分なのかもしれません。日本では『掛け捨て』という言葉が嫌がられる傾向がありますが、解約返戻金が貯まるタイプの保険と比べると圧倒的に保険料が安いのがメリットです。少額の保険料で大きな保障を得ることができるのは、保険という商品の特性を考えると最も合理的な選択であると言えます。

そして解約返戻金が貯まるタイプの保険のデメリットは、早期解約をしてしまうと非常に損である、ということです。お金が貯まるタイプの保険の多くは、初期の手数料が非常に高いです。一度始めたらしっかりと長期に継続しないと全く意味がないものなのに、他の会社の営業マンなどから切替を薦められて、手数料だけ払った状態で解約してしまう方などもいらっしゃいます。お金が貯まるタイプの保険は一度始めたらしっかり継続しないと全く意味がないということを覚えておくと良いのではないでしょうか。

次回は、主に外貨建ての保険について、リスクフリーレートの観点から解説させて頂きます。資産運用商品としての保険の価値を検証してみましょう。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います