保険の中身を覚えてる?
2017.4.28

株式会社AWARDです。

みなさんは生命保険には入ってらっしゃいますか?日本人は生命保険がとても好きなようで、9割の世帯が何らかの生命保険に加入していると言われています。実際のところ、資産運用の相談にのらせて頂く方のほとんどが、何らかの生命保険に加入してらっしゃいます。

しかし、色々と話を伺ってみると、その生命保険になぜ加入しているのかはっきりと答えられない方が結構いらっしゃいます。いくつか原因はあるのでしょうが、

・営業マンの方に勧められるがままに入ったが、どんな内容だったか覚えていない

・親が掛けてくれていた保険で内容を知らない

・自分で選んだ保険だったが、なぜその保険に入ったのか忘れてしまった

などのケースが多いように思います。特に1番上の営業マンの方に勧められるがままに加入したというケースは非常に多いですね。

そんな方はたまに自分がなぜその保険に入ったのかを振り返ってみることをお勧めします。生命保険は人生で2番目に大きな買い物とも言われ、かなりの額のお金を支払うものになります。月々1万円の保険でも1年間払ったら12万円、30年間払うのであれば360万円です。

360万円の買い物をする、となればかなり色々な事を考えると思いますが、月々の支払いだと気軽に契約してしまいがちです。保険は万が一の際に自分を守ってくれる大事なものでもあります。どういう状態になったときにお金がでるのかなどは、忘れないようにたまに見直してみてはいかがでしょうか。

実は保険に入っていて保険金を請求できる状態になったにも関わらず、請求するのを忘れてしまうなんて事も多々あるのです。保険金の請求には期限があり、請求できる事象が起きてから3年以内です。多額のお金を払って生命保険に加入していたのに、いざという時に活用できなかったなんてなると本末転倒ですよね。

自分がしっかり生命保険を活用できているのか、そしていざという時にその保険が使える準備はできているのか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す